ヘルパーステーション高舘山職員兼善世会プロレス同好会の木村です。

すっかり季節は

ですね。皆さん夏バテしてないですか?熱中症対策をしっかり行い

津軽の短い夏

を健康的に夏を乗り切りましょう!!水分補給はこまめに行いましょうね。

 

さて、今回は

 

 

 

 

 

 

 

の1本です。今回は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

の4つのテーマについて学びました。

 

ますは、

高齢者虐待について

これは今や社会問題にもなっていますよね。しかし虐待とは決して高齢者に限ったものではありません。

そして、暴力をふるったりすることだけが虐待なわけでもありません。

改めて自分自身の言動や行動を見直すためのテーマでもありました。

 

 

 

続いて、

事例検討

ある事例について、3グループに分かれ各々のグループで出た答えを発表しその事例の解決策をみんなで話し合いました。

 

最近までワールドカップで世間は盛り上がっていたようなので

川平慈英のモノマネをしている博多華丸大吉の華丸風(アメトーーク出演時風)に紹介します。

 

ムムムっ

 

 

 

 

 

╱グループA チュニジア\

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

╱グループB チュニジア\

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

╱グループC チュニジア\

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのグループが様々な意見を出し合いました。今回の事例検討で出た意見を試行錯誤し何かあった際は実践し問題や課題の解決につなげていきたいと思います。そして何より、こうやって年齢や役職等関係なく何か1つのテーマについて話し合う事、普段話をする機会があまりない職員とあるテーマについて話し合う。この事に何よりも意味があるのです。

 

 

そして

食事介助について

食事とは私達、生きている者にとって欠かせないことであり、とても重要な事であります

しかし、様々な事情から自力で食事を摂取できなくなった方に対し、ヘルパーステーション高舘山でも食事介助のお手伝いさせていただいています。

一概に食事介助といっても単純に食べることのお手伝いではありません。

人間は誰しもが、年齢と共に嚥下機能(飲み込む力・機能)が低下していきます。

介助の仕方が間違っていると被介護者にとっては苦痛になってしまうことがあります。

正しい食事介助方法はもちろんですが、

食事が楽しい。食事がおいしい。

と感じて頂き、いつか自発的に食べて頂くよう工夫することが大切かと思います。

口で言ったり、文章にするのは簡単ですが、実際やってみると、なかなかスムーズにいかないことの方が多いんですがね・・・

 

 

しかし、まずは改めて、正しい知識を学ぶ事っ。

これが重要ですよね。

 

 

この講習の為にわざわざ、お弁当を買ってきてくれたのですね

赤ウインナーがおいしそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは、正しい姿勢で食事をとってもらうことが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

注)ここは決して散髪屋ではありません

 

 

 

 

 

①安全な体勢を確保しエプロンをかける。

 

 

 

 

 

 

 

 

②食事前水分補給をする。

 

 

 

 

 

 

ポイントとし

☆水分の多い物から摂取して頂く事

☆主食・副食・水分を交互に摂取して頂く

☆必ず食事後は口腔ケアをして口の中を清潔にします

 

介助のやり方一つで

「楽しみな時間」

にもなれば

「苦痛な時間」

にもなり得ます。

又、誤嚥性肺炎等のリスクもあり、最悪命を落とすケースもあります。

今回学んだ正しい介助法を日頃のサービス提供にも役立てていきたいと思います。

 

 

 

最後は

外部研修報告

です。

今年度は前年度よりも外部研修に参加させて頂く機会も多く、今回は介護経験年数3年未満の介護員が参加対象である初任者研修に増田さんに参加してもらったので報告をしてもらいました。

これも又、改めて学ぶ事・感じる事もありました。参加職員本人にとっても、他法人の方々といろいろな交流を図ったり、悩みを共感しあったり良い経験になったかと思います。

今後も出来る限りで社内研修だけではなく外部研修の機会をどんどん増やしいろいろな経験をしていけたらいいなと思います。

良い意味で緊張感もありますしねっ☆

 

 

 

それでは最後に今回の会議の感想を聞いてみました。

ますは

ヘルパーステーション高舘山

サービス提供責任者の五十嵐さん&亜津さん

介護保険の事なら何でもおまかせっ!!何でも、ご相談くださいっ♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「7月13日に開催されたヘルパー会議では高齢者虐待防止と、食事介助の正しいやり方、事例検討では何か課題のある利用者様の対応、外部研修報告などを勉強しました。介護をしていくうえで必ず必要となっていく課題です。それぞれの対応において

何かしらの壁にぶつかった時、1人で悩まず誰かに相談できるという環境がお客様、職員にとって安心して生活、そして介護ができると思います。

今後もヘルパー会議を通し職員や私達自身も成長していけたらと思います」

 

 

 

 

続いて今回、食事介助の講師をやってくれた

 

 

 

 

 

 

 

左から

菊池さん・高橋先生・増田さんです。

「食事は自分で食べれることが1番です。しかし何かしらの事情で自力摂取が出来なくなったときにお手伝いさせていただくのが私たちの仕事だと思います。

もしも私もできなくなったらよろしくね!!」

(by高橋先生)

 

というか・・・

高橋先生、若い可愛い子二人に挟まれずいぶんお顔が緩んでおりますね~♡笑

 

 

だけどっ、

 

 

 

 

 

 

 

 

ろっ・・・露骨・・・。

露骨すぎますやん。さっきの表情と全然違いますやん。

注)これはフィクションです。実際のものとは関係ありません。

 

 

 

 

最後はやっぱりこの人達っ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘルパーステーション高舘山が誇る

イケメン主任の2人♡

(ィ・・ケメン・・・ですよね・・・?♡笑)

阿部主任と兎澤主任です。

 

「食事介助、高齢者虐待、事例検討、外部研修報告を学びました。

高齢者虐待はその種類も多く、日頃私たちヘルパーが直接的に関わり、行っている身体的なものから、心理的なもの、経済的な虐待まで様々分けられていることが分かりました。時々テレビのニュースで流れる介護現場の事件、事故にもこの虐待が大きく関わっているものだと痛感します。

人には思いやりを持って優しくしたいとしみじみ感じました。

しみじみ。」

 

 

毎回恒例の兎澤主任。いつもいつもネタ提供ありがとうございます。

前回はジョンレノンでしたが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は五木ひろしのモノマネをするコロッケのモノマネですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

尊敬します。

いつもいつもありがとうございます。

 

 

それでは、まだまだ暑い日が続きそうですが・・・

 

紫外線対策はしっかりね♡

 

 

 

じゃんけんぽん!!

 

 

 

 

 

 

うふふふ

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る