皆さんこんにちは♡昨日の『流しそうめん』に続いて今日は『スイカ割り』の様子をお伝えしたいと思います。

 

まず始めに、夏になると全国各地で夏の風物詩としてスイカ割りが行われていますが、

一体この伝統的なあそび?行為の起源はなんでしょう??ご存知でしょうか??

 

「食べ物で遊んではいけません!」ってうちの母親が言っていましたが、

あそぶのレベルを超えて棒で思い切り叩くって…。粗末にもしてる気が…。

 

そもそもなんでスイカ…たしかに叩いて割れる果物は他にないかも…
メロンや桃だと叩くと割れずに潰れてしまいますもんね 笑

 

こうした由来や起源については必ず『諸説あり』という言葉がついてきます。
必ずこの説が本当だと断言するわけではない、間違っていても嘘とは責められない為の切り札みたいなものですね 笑

 

私も使わせていただこう♡

 

私はいい人(諸説あり) 私はイケメン(諸説なし)

 

さて、『スイカ割り』の起源については諸説あるのですが…(早速使ってみた)
日本では海の神様に祈りを捧げる儀式だったそうです。(だから海でやるんだ…)

 

漁業の大漁や、漁師の安全。海水浴等の遊泳での無事故、安全を願う儀式です。
割れたスイカは海の神様へのお供え物として、最後はみんなで食べるそうです。

 

(へえー…そうなんだぁー…。残虐な儀式の由来も聞いたことあるけど、

この説が一番聞きやすいし、子ども達にも伝えやすいね。諸説ありだもんね♡)

 

これまで起源や由来について知らずに行っている事がたくさんあると思います。
『スイカ割り』に関しては知っていたら逆にすごいというレベルですが、

それでも子ども達もいつか大人になり、この教えられた起源や由来を誰かに教える

伝える立場になるかと思うと、きちんと正確に伝えていかなくてはなりませんね。

 

大きくなった時に「昔保育園で〇〇先生が言ってた」、とか

「ニコニコこどもえんで教えてもらったのを今でも覚えてる」

と言ってもらえたら最高に嬉しいですね♡

 

 

さてさて…お待たせしました。ニコニこどもえんの『スイカ割り』の様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なおみ先生「だいすけ先生ー、スイカ割り準備できたよー♪」

 

「・・・・」

 

なおみ先生「おーい、聞いてますかー。準備できたよー!!」

 

「・・・・」

 

 

一方その頃・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

私は『(幼稚園)(保育園)(小学校)連携教育研修会』※略して幼保小

に参加しておりました。小学校の教諭、幼稚園、保育園の先生と様々な情報交換を行い、

最近の教育現場で抱えている問題や保育現場で抱えている問題を聞き、

「みんなニコニコじゃないなー♡えー、それはその保育園が悪いよ…」

「親や子どものせいにしてはいけません!無償の愛、いつも心にニコニコを…」

と何度も心の中でつぶやきました。

もちろん共感できる考えや、勉強になったこともたくさんありました。

 

私「さーて、そろそろスイカ割りの時間だから保育園に帰ろうかなー♡」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私「なおみさーん!ただいま戻りましたよー!!準備ありがとうございます♪」

 

 

 

 

 

 

 

 

なおみ先生「あ、わたしずっとこっちがだいすけ先生だと思って話しかけてました!」

「それで返事しなかったんだ…聞こえないのかと…耳小さいから…」

 

 

 

 

 

 

 

 

そんわなけーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ないっしょ!!(ナイスショット)

こずえ先生「よっ!!右のイチロー!!、上下黒だと体の見た目はカブトムシのメス!!」 (言い過ぎ…)

 

 

私「スイカと私じゃ全然似てないでしょ・・・よく見てくださいよ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

私「それだとスイカだけに瓜(うり)ふたつじゃなですかー♡」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノブ先生「なるほど!面白くはないけど、座布団一枚!」

 

 

何はともあれ…

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しいスイカ割りでした。目隠しじゃなく、ニコニコニット帽♡(実はちょっと見える)

 

 

 

 

 

 

 

 

見えてる人に限って、自分から見えない見えないと教えてくれます 笑

見えない割に自信満々でクリティカルヒット!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目隠しをすると怖いみたいみたいだから、このままどうぞ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おもいっきり、いけーーー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「うりゃー!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

(彼の一撃で無事に少しだけ割れ目が入ったので・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上げは、なおみ先生とサッチー先生。

あの人の頭だと思えば、遠慮なく切れるね♡むしろもっとキレ味ある包丁ちょうだい!

でもこんなに中身が詰まってないか♡  (言い過ぎ…涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんな笑いが足りないぞ!!普通過ぎる!もっとウケ狙って!」

 

 

 

 

 

 

 

 

「釣り竿!」

 

「面白くない!次!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「棒高跳び」

 

「ぷっ!まあまあいいじゃない!次!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スターウォーズ」

 

「うーーん、いまいち・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これが本当の、スイカバー(アイスの)」

 

「ぷぷぷっ!!あともう一押し!!次!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「釣り竿」

 

 

「さっき見た!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「スイカのイを取って、スカッ」

 

 

「きみ面白くないね!次の人で最後だな!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイカ割りの日にTシャツが堂々の青森りんご!!

 

「この人優勝!!!よーしみんなスイカを食べよう!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これ順番も関係あるな・・・棒高跳び笑った…」

 

 

 

 

 

 

 

 

「わたしてきにはスイカバーもありだと思う 笑」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あの青森りんごは思い出しただけで笑える!さすが優勝。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「エントリーしてないけど、なんか悔しいなあ・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんな面白かったけどね!!瓜ふたつ以外ね!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「以上、ニコニコな夏シリーズは完結です。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも心に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコニコを♡(お母さん、お手伝いありがとうございました)

 

※保育士体験をしてみたい保護者の方、地域の方、学生さん

どなたでもおりましたらご連絡ください。(2時間程度)

 

0172-55-5250 ニコニこどもえん 對馬まで♡

 

関連記事

企業主導型保育事業

企業主導型保育事業 ニコニコこどもえん 2017年9月にオープンしました。
介護スタッフがおくる施設での日常や面白ネタ満載 介護スタッフブログ
採用情報
ページ上部へ戻る