昨夜とても興味深い記事に出会ったのでご紹介したいと思います。

 

それは放送作家の鈴木おさむ氏(森三中の大島さんの夫)が『週刊朝日』の連載のなかで、自身のお子さんが通う保育園で『保育参観』に参加した際に感じた事について書かれていました。

内容としては『保育参観』を通して保育士の仕事がどれだけ大変かを改めて感じたので、「自分たちができることは、日々、保育士さんに心のこもった挨拶と、感謝と、一言。保育士さんが面倒見てくれているのは当たり前じゃないんだと思うことが大事。それを強く思っていることが大切。」という言葉で締めくくっていました。

 

決してその保育園で働かれている保育士さんも『大変』だと感じてほしかったわけではないと思いますが、我々保育現場で働く者にとっては、こういう風に感じてもらえる事にありがたいと思う方が多いと思います。私自身も保護者の方からのこういった温かい言葉や労をねぎらう言葉にどれくらい救われたかわかりません。

 

ただ…それは私自身が20代~30代前半のまだ髪の毛がふさふさで身のこなしが軽かった時代の話で、現在の自分としては、もしそのような言葉を頂いた場合は「大変だという印象をあたえてしまったかぁー…あちゃー、失敗…」と反省します。

 

現在のニコニコこどもえんの方針としては、保護者の方から「先生たちがとてもイキイキしていて、とても楽しそうですね♡」という言葉を目標にしています。そして異業種の保育士じゃない方であっても「私もこういった職場で働いてみたいな」、中学生や高校生のこれから進路を決める学生さんにおいては「将来保育士になりたい」と感じてもらえる働き方をしたいですね。

 

話は戻りますが、私が興味深い記事だと感じたのは上記の内容とは別で、それは『保育参観の設定の仕方』でした。当園の保育参観のシステムは全園児が同じ日程で行う参観と、1ヶ月の期間を設けて好きな日時に自由に参観にいらして下さいという『フリー参観』を行っていますが、お子さんの普段の様子をお見せできているかというと…改善点や工夫が必要だと感じておりました。

 

鈴木おさむ氏のお子さんが通っている保育園では『変装参観』というスタイルをとり、保護者の方が帽子を被り、マスクをし、メガネをかけて普段と違った容姿に変身することで、お子さんが保護者だと気づかず園生活を送り、保護者はその様子を見ることができるというスタイルをとっているようです。

 

なかなかいいアイディアですねー。ニコニコこどもえんでも是非やってみたいと思いました。赤ちゃんのクラスは変装参観だと泣いてしまうので対象クラスは2歳児限定でやっているそうですが、どうでしょうかねぇ?対象年齢はこれから要検討です。

 

来年度の事業計画では従来の『保育参観』の他に『変装参観』を取り入れてみたいと思いますので是非楽しみにしていて下さい。当日は保護者の方が恥ずかしいと思わないように、私も意味なく変装してみたいと思います(笑)

 

 

さてさて、『ニコニコお遊戯会』まで1ヶ月となりましたが、先週も楽しいことが盛りだくさんのニコニコこどもえんでした。

 

前回のブログでもご紹介したように火曜日は『流し温麺(おんめん)』を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

そして木曜日には『びっくりドンキー』さんにランチをしに行ってきましたよ♡(4,5歳児)

 

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの子が「初めて来た!」と話していました。ドキドキわくわく♡

 

 

 

 

 

 

 

 

こういった場所では普段の食事の時とは違った雰囲気。珍しく緊張している様子でした(笑)

子ども達はまさに『マナーモード』。

公共の場所を経験するという事は大切なことだと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

自然と話し声が小声になっていました。園長先生には無理だね♡連れて行かなくて正解♡

 

 

 

 

 

 

 

 

普段は「早く食べて遊びたい!」と張り切って給食を食べ終えようとする子ども達が…

この日はゆっくり味わうように食べていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ハンバーグは定番の子ども達が喜ぶメニューですね♡

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに喜んでもらえると、また連れて来たくなっちゃいますね♡

 

『かっぱ寿司』→『マクドナルド』→『びっくりドンキー』に行ったから次はどこに連れて行こうかなー♡

またみんなで考えようね!!私はラーメンがいいけど…屋台のラーメン呼んじゃおうかな!今の子ども達は知らないでしょうね。

こういったお出かけプランを考えてると…幸せが止まらない(涙)

 

そして木曜日は『ニコニコぎょうざ作り』を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも皆さん「初めてぎょうざ作ったー!」と教えてくれました。

嬉しい反応ですねー♡企画した甲斐があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

普段はお家で美味しい料理を作っているママ保育士さん達が大活躍です。

女性ってすごいですねー。仕事が終わった後に家でも『家事』&『育児』…。

必殺『見て見ぬフリ』で乗り切っている私はダメですね(涙) 結構勇気と演技力が問われる技ですが…。

 

 

 

 

 

 

 

 

『ニコニコこどもえん』の子ども達には色々な経験をして大人になってほしいです。

 

 

そして・・・

 

カメラを向けられた時だけ、やってるフリをする大人には…

 

 

 

 

 

 

 

 

いつかバチが当たるはず・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶対にバチが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほら♡「バチっとあたりました(笑)」餃子の神様ありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのニコニコスタッフが今日は主導で頑張ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくカメラを向けてるのにすっかり集中…。

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがラーメン屋さんでバイト経験ありです!すごくお上手♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しそうな匂いに誘われて2歳児『こころ組』も見学にきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さて、そろそろ完成ですよー♡」

 

子ども達が包んだ餃子をえり先生が花びらのように並べて焼いてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「はい!完成!」すごく美味しそう・・・っていうかすごく美味しかった♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなので味見(あじみ)をどうぞ♡

「美味しい!お洋服までニコニコ♡」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すみませーん、今日ぎょうざ半額の日ですかー?」

「いえ、無料です・・・♡」

 

 

 

 

 

 

 

 

よし!今度は保護者の方も招いてご馳走しちゃいますよーー♡

お楽しみに!!親子クッキングにしようかなー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは皆さん、いつも心に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニコニコを♡

 

関連記事

企業主導型保育事業

企業主導型保育事業 ニコニコこどもえん 2017年9月にオープンしました。
介護スタッフがおくる施設での日常や面白ネタ満載 介護スタッフブログ
採用情報
ページ上部へ戻る